買い物強化週間(
■空の境界(文庫版)
先日、数人で劇場版を見に行ってきたのが引き金で、小説を買ってしまいました。
劇場版は、夕飯(飲み)のあとのレイトショーということもあって始まる前にだいぶ眠くなってたんですが(w)、ずるずると話に引き込まれていってすっかり酔いも覚めましたよ。w
感想を述べるのがへたくそなので(w)あれこれと言うのはやめますが、小説を買う気になるくらい気に入ったということで。続きもすごく気になる・・・。
小説といえば、ハルヒの小説も実は持ってたりしますが、途中で挫折してしまいました。
どーもアニメのほうがしっくりくるような気がしてしまって・・・。
その点で小説ってのにちょっとした不安があったのは正直なところだけど、Fateの文章もふつーに受け入れられた、というか大ハマリしたわけだし、むしろこれは文章で読んだ方が楽しめる気もするなーとかね。
本は通勤途中とかに読むのが王道?って思ってますが、幸か不幸か電車に乗ってる時間はあまり長くないので、どっかでちょろちょろと読みますかね。w

e0002461_1544818.jpg
■EOS-40D
購入にあたりいろいろと悩みはしました・・・w
本当はそろそろメインカメラを新調したいところですが、1Ds mark3はあからさまにオーバースペック、特に2000万画素超の画素数のはむしろデメリットに思えるし、ニコンD3がちょうどお手ごろな画素数と価格で出てしまった今、1Ds mark3を買うのはなんか微妙。
5Dはフルサイズなのが魅力ではあるけど、カメラとして自分にはしっくりこない。後継機の話もちらほら・・・。
一度はスルーした1D mark3が再び脚光を浴びたりしましたが、それはそれで妥協が含まれるのがいやだなーとか・・・。
まぁわがままなんです。w
んなわけで、メインは待ち状態で、いまのうちにサブカメラをUpgradeしてしまおうとか暴挙に出てみました。w

買ってきてうちの嫁撮ってテストしたりしてました。(ぇ

まだ使いこなしての感想じゃないですが、事前に期待してたこともあわせて挙げてみると
・14bit RAWのせいか、色がよくなったきがす。
・3インチ液晶モニターはでけー。見やすい。でもドット数が23万ドットなのはちと残念。(トレンドは90万ドット超)
・ファインダースクリーンが交換可能になったのはうれしい。早速方眼スクリーンに交換した。
・センサークリーニング機能は、謳われるほどすごくないらしいけど、あればあったで精神的にはいい感じ。
・高輝度側・階調優先機能ONで、白トビしにくくなった。白っぽい被写体でディテールが残ってくれるのでいいかんじ。
・スポット測光できるようになったのはうれしい。
・中央以外のAF精度が向上した。これなら使えるかも。でもたぶん面倒なので中央一点で使うと思う。w
・ISO自動感度設定はお手軽でいい。
・ライブビューは、じっくりマクロ撮影とかするにはいいかも。あまり機会ないけどw
・連写6.5コマ/秒は、このクラスのカメラにしてはいい性能。めったに連写しないけど。w
まぁ、普段使いのカメラとしてはいろいろと使い道が増えてよさそう。

こんな感じで、挙げてみたらかなり高性能化されてるんですねぇ。だいぶ楽しめそうでwktkしてます。
[PR]
by ryo721b | 2008-02-13 01:55 | 雑多なにっき


<< \(^o^)/オワタ Sound Horizon >>